本を読む人になりたい人が初めに読む本。

スポンサーリンク

本を読むのは好きですか??

f:id:garakuta88blog:20190614205858j:plain

若い頃は全く本を読まなかったのですが、最近は昔に比べ本を読むようになりました。
活字が嫌いと言うわけではなかったのですが、何を読めば良いか分からなかったんです。

そこでオススメしたい本が、本田直之さん著の『レバレッジ・リーデイング』です。

ざっくりと説明すれば、「本は全部読まなくて良いので、たくさん本を読みなさい。」と言う本です。なるほど。目からウロコでした。

幼い頃にこの本読みたいと親におねだりした際に「最後までちゃんと読みなさいよ」と言われたことはないでしょうか?? それを全否定の本です。

そらそうですよね。例えばゲームを買ってもらった時に「クリアするまでゲームをやりつづけなさいよ」とか映画観る前に「最後まで映画見なさいよ」とは言われないですよね。それと同じで、本も読み切らなくて良いんです(ストーリーものの小説とかは別かも)。

学生は別ですが、大人になって本を読んでテストを受けるわけではないので、自分が知りたいとこだけ知れれば良いってことです。

なので、本を読む人になりたいけど何から読めばいいんだろ?と思ってる方にはオススメです。これを読めば本が身近になると思います。