相談に乗ったのに感謝されないのなんで?の理由

スポンサーリンク

相談 悩み 感謝されない 喧嘩

相手の話に「それは間違っている」とか決めつけたりしていませんか?

お友達や恋人と楽しく食事をしていたはずなのに、いつのまにか喧嘩モードに。。。
「せっかく相談に乗ってやったのに!なんだアイツ!」ってなる方は一度試してみてほしい5項目。

 

[その1:自分が「話す」ことより、まずは「聞く」ことから]

相手が悩みや相談をチラっと話した時、ついつい自分が話したくなりますが、まずは相手の話を聞いてあげてください。
よく相手の話を自分の経験で解釈したり評価しがちなのですが、それはよくありません。なぜなら自分は「相談に乗ってあげた」と満足できるのですが、相手は「私の話を聞いてくれた」とは感じないからです。
まずはしっかり相手の話を「聞く」ことから。

 

[その2:相手の話の中身を繰りかえす]

しっかり話を聞いた後は、相手の話の中身を繰り返す事で相手との共感が生まれます。
ただし、相手を理解したいという誠意がないのなら、やらない方がいいです。
上部だけの傾聴は、相手を傷つけ、人間関係に最悪の結果をもたらすからです。
人の悩みや相談に乗ってあげる人は優しさのある方だと思うので、「相手を理解したいという誠意」を意識するだけで大丈夫です。

 

[その3:話の内容を自分の言葉に置き換えて話す]

[その2]の「相手の話の中身を繰り返す」の例をあげると
相手「仕事が嫌なんだ」→自分「仕事が嫌なんだね」
みたいな感じです。

その続きが[その3]で「自分の言葉に置き換えて話す」は、
相手「仕事にやる気がでなくて」→自分「そうか、会社に行きたくないんだね」
と話の内容を自分の言葉に置き換えてみてください。
そうする事で、自分が相手の話の内容を考えながら聞くようになります。

 

[その4:相手の感情を反映する]

「つらいね」「楽しいね」など相手の感情を自分の言葉で置き換えてあいづちを打ちます。これにより自分が相手の言葉より、相手の感情に注意して話を聞く事ができます。

 

[その5:自分の言葉に置き換えつつ感情を反映する]

[その2]・[その3]を繰り返すことで相手はしだいに心を開いてくれます。
その会話に信頼感が生まれたあとに、相手の感情を自分の言葉に置き換えつつ反映してください。

(例)
相手「今日は休んでもいいかな?」→自分「疲れているようだから、会社に行きたくないんだね」

 

この5項目を繰り返す事で嘘のように相手のリアクションが変わります。
というか、変わりました実際に。
これを自分が実践することで相手が「そう!そうなんですよ!実は○○で〜〜」と勝手に話を深く話してくれようになりました。

 

言葉の「正しさ」では人の心は動かない

理論武装して相手を説得しようとしても意味がないのです。
“論破”はできるかも知れないが、相手の心はより頑なに閉ざしてしまいます。
『相談に乗ったのに感謝されない』のは相手を論破していませんか?
人は「あの人に付いていこう」と思うとき、その人が「何を言ったか」ではなく、その人が「どういう人物か」で決めているのです。
仕事やプライベートで自分の意見を尊重されたいのであるならば、まずは「付いていきたい」と思われる人物になることを目指すことなのです。

 

実はこのテクニックはスティーブン・R・コヴィーによって書かれた『7つの習慣』の一部です。なかなか本を読まないよって方には『まんがでわかる 7つの習慣』があります。バーテンダーを目指す女の子が接客する事で人間を磨いていく物語です。
イラストも見やすくとても読みやすかったので是非。

 

実践するか、しないか。違いは、それだけ!