“どぶろく”は白川郷で

スポンサーリンク

大阪から高速で約4時間ほどにある岐阜県白川村の世界遺産に登録されている「合掌造り集落」白川郷。田んぼに囲まれた中に茅葺き屋根の家が点在する山村の景色はまさに日本の原風景でした。

f:id:garakuta88blog:20190529164033j:image

ひと通り村を見て歩いた後はシャトルバスで展望台へ。20分毎(00,20,40)にバスが来るので展望台へ行く際はバスをおすすめします。[片道200円]

f:id:garakuta88blog:20190529164353j:image

5月に行くと緑の山の後ろに雪化粧の山が顔を出して、季節をまたぐのを感じることが出来ます。

 

お土産はやっぱり“どぶろく”ですね。

まだ観光したいから荷物になるなぁって思って後回しにすると、もう買えません 涙

どぶろく”は白川郷のふるまい酒なので、高山の町には売っていないのです。

なので、荷物になるなぁって思っても買っておくことをオススメします。

 

※ただ、飛騨高山で1種類だけ“どぶろく”が売ってあるみたいですが、白川郷の物とは別物みたいです。