生パスタの『もちもち感』はうどん⁉︎[5/25 ウラマヨ!]

スポンサーリンク

5月25日放送分のウラマヨ!で気になった生パスタ。

f:id:garakuta88blog:20190530160738j:plain

※写真はイメージです

今までの生パスタとは感覚が違い、北海道から沖縄まで2400軒が使用する超人気の生パスタ。その生パスタは関西を代表するイタリアンの名店“イルギオットーネディピュー[グランフロント大阪 北館1階]”でも使われているみたいです。

 

小麦粉の味はしっかりし、パスタだけでも美味しく、外に絡むだけでなくパスタの内側にまで味が入る生パスタは有名シェフたちがベタ褒めするほどです。
その生パスタを開発されたのが淡路島にある『淡路麺業株式会社』さん。

 

会社の隣にある直営のレストラン“PASTA FRESCA DAN-MEN”で、オリジナルの生パスタ30種類から好きなパスタを選んで食事ができる仕組みになっています。

 

その生パスタの最大の特徴が『もちもち感がすごい』!

 

もちもち感の秘密はパスタに100年培ったうどんの製法を練り込んでるから。
そう、実は『淡路麺業株式会社』はうどんの老舗製麺所だったのです。

 

うどん作りにかかせない熟成の工程を取り入れたこだわりの生パスタを、淡路島を訪れた際に食したいものです。

 

 

■2019年4月27日オープンの“ガーブ コスタ オレンジ”でも淡路製麺の生パスタが味わえます。

■『淡路麺業株式会社』直営のうどん屋 / 麺乃匠いづも庵[兵庫県淡路市志筑]